vdiとはデスクトップ環境をサーバーへ移行する

vdiとはデスクトップ仮想化の英語読みの略語です。サーバーに各端末のデスクトップ環境を仮想的に配置することで、個々の環境の一元管理と、クライアントパソコンの負荷軽減を実現します。これにより、各パソコンのOSやアプリの更新作業の手間を軽減したり、新しいパソコンへ入れ替える際の煩雑な作業から解放されるといったメリットがあります。同スペックのパソコンを大量に導入、入れ替えをする従来型のスタイルから、新しい技術によって変化してきており、vdiを採用する企業が増えてきています。コストメリットと利用形態に自由度があり、さらにはセキュリティ上のメリットがあるからです。端末を選ばないのもメリットの一つです。ネットワーク接続ができ、サーバーから受信したデータを表示できる端末であれば利用することができます。特にハイスペックな処理能力を必要としませんので、古いパソコンの利用価値が出てきます。また、タブレットなどの利用も可能であり、様々な利用形態に柔軟に対応します。

クライアントPCの運用こすとを低減するvdiとは

vdiとはサーバー上に、クライアントPCのデスクトップ環境を構築する技術です。デスクトップ環境は、サーバー上で稼働し、クライアントPCを使うユーザーの操作に従って、表示用のデータがサーバーから送信されてきます。端末側は操作内容の送信と送られてくる表示データを扱うための通信機能と、データを画面に表示する機能が備えられていれば良く、ハイスペックな動作要件を必要としません。OSやアプリケーションの更新作業は、全てサーバー側で管理者が一元管理することができ、人件費を大幅に圧縮することができます。また、端末のクラッシュによるデータ消失のリスクへの対応や、悪意のある第三者からの攻撃や侵入等に対応するためのセキュリティ対策は、サーバー側で一括管理します。バックアップ忘れによるデータ消失や、ウィルス感染や外部からの脅威に対して対策を一元的にとることができます。

vdiとはクライアントの性能を問わない

企業内では、パソコンは欠かせないビジネスアイテムです。IT機器の一つで、できるだけ新しいタイプのパソコンを用意する必要があります。そのために定期的に新しいものに更新をする必要があります。故障はしていないが、古くなったので買い替えるケースがありました。vdiとは、サーバでソフトの管理やデータの管理を行います。各端末は、それぞれサーバへのアクセスができればよく、操作性はサーバの能力にゆだねられます。レスポンスなども、サーバの性能が高ければ、それだけ高くなります。クライアントの性能に左右されません。この仕組みが使えると、これまで行っていたパソコンの更新が不要になります。故障をして使えなくなった都度交換すればよくなります。通常故障をして交換しようとすると、再セットアップなどが必要になります。VDIであれば、サーバへの設定ができればすぐに使うことができます。

Tintri VMstore T5080の参考価格7,400万円です。 チューニングレスで常に安定したパフォーマンスを発揮します。 仮想環境のワークロードを自動最適化するストレージ。 全世界で40万VMがティントリ上で稼働しています。 仮想化環境のアプリケーションを監視、把握、適応できる業界唯一の仮想専用ストレージです。 「vdiとは?」の疑問をティントリが解決します!