vdiとはシンクライアントの仕組みの一つ

コンピュータを利用するとき、かつては汎用コンピュータが社内に1台あり、各端末はそのコンピュータにアクセスをして機能を利用していました。その後パソコンの能力が高まり、社内の中心にあるサーバはデータの保存が主な役割になります。しかし、新たな問題が出てきます。それはデータ流出などです。それを管理するために、シンクライアントと呼ばれる運用方法が取られるようになりました。形はかつての汎用コンピュータの時代に似ています。サーバ内にシステムやデータが保存されていて、それを各端末から使います。vdiとは、シンクライアントの中の一つの方法とされています。一口にシンクライアントといっても、いろいろな方法があります。社内からの利用が中心の場合に使い勝手が良いもの、社外から使う場合にも良いものなどがあります。会社の運用形態によって選択されます。

vdiとはサーバ能力のアップで広まる仕組み

コンピュータには、いろいろな種類があります。最も身近なのがパソコンです。企業などで中心に置くものにサーバがあります。さらに、スーパーコンピューターと呼ばれるものもあります。基本的にはどれも同じような仕組みが搭載されています。計算をするためのCPUがあり、データを保存するハードディスクがあります。また、計算領域としてメモリがあります。パソコンとサーバだと、サーバの方が計算能力や領域が高くて大きいといえます。スーパーコンピュータもそれらよりも高くなります。vdiとは、パソコンとサーバによって構成されます。サーバの能力が向上したために実現した仕組みといえます。本来パソコンが行う処理を、サーバができるようになっています。パソコン100台分の処理をサーバ1台で行える場合もあり、それが容易に利用できることから広まってきました。

vdiとは端末に作用されずに利用が可能

パソコンのスタイルとして、デスクトップ型、ノート型、タブレット型があります。デスクトップやノートは、キーボードを備えています。ノートやタブレットは、据え置きをする必要がなく、移動などもしやすくなります。それぞれ利点もあれば、問題点もあります。vdiとは、端末に作用されず利用可能な仕組みです。端末がノートパソコンでも利用できますし、デスクトップでも問題なく使えます。さらにタブレットでも利用することができます。さらには、スマートフォンでも同じことができる場合があります。社内でのみ利用することを考えると、キーボードありきで操作することを考えますが、社外でタブレットやスマートフォンを利用するなら、キーボードがないことも想定する必要があるでしょう。入力なども、極力キーボードを使わなくても行えるようにすることがあります。