vdiとはどんなものなのか調べてみると

vdiとはどんなものかというと、企業などでデスクトップ環境を仮想化シテサーバ上に集約した物をいいます。利用者はクライアントからネットワークを通じてサーバ上の仮想マシンに接続してデスクトップ画面を呼び出して操作するようになっています。またvdiではサーバコンピューター上に社員数などに見合った多数の仮想マシンを用意していてそれぞれにデスクトップOSと必要なアプリのソフトをインストールします。もし社員がコンピューターを使う時には個人に配布されたパソコンや専用の新クライアントなどからネットワークを通じてサーバに接続して自分のデスクトップ画面を呼び出して利用するようになります。とても便利だからこそそれぞれの会社で使ってみるべきです。仕事がスムーズにできるからお勧めです。とても便利だからとり入れてみるべきです。

デスクトップ仮想化・vdiとは

企業などで利用されるコンピュータシステムは、多くのクライアントPCを抱えていますので、利用されるソフトウエア、OSの管理運用にかかる人件費は増える一方となり、コスト削減が望まれています。その解決策として導入されるvdiとは、デスクトップ仮想化と呼ばれ、クライアントPCで稼働している個々のデスクトップ環境をサーバーに移行し、集中的に管理することができるプラットフォームを提供します。利用者側から見るとサーバー上に、デスクトップ環境がありネット経由で利用するスタイルとなります。端末に依存せず、パソコン、タブレットなど様々な情報端末から利用できる点が特徴的です。端末側は、ネットに接続するための通信機能と、画面表示が可能であれば良く、ハイスペックな性能を必要としません。管理者はデスクトップ環境のメンテナンスを一元化でき、人的コストの削減につながるメリットがあります。

vdiとはデスクトップ仮想化と呼ばれる新スタイル

組織で利用されるコンピュータ環境を管理するためには、個別にOSやアプリケーションの更新作業が必要となり運用・管理する側の負担が大きくなります。OSやアプリケーションのバージョンアップに伴って、クライアントパソコンに要求されるスペックも高性能となり、対応していくためにコストアップとなるデメリットがあります。デスクトップ仮想化を実現するvdiを導入すると、個別のデスクトップ環境はサーバー上に構築されるようになります。vdiとは、デスクトップ環境としての処理を、サーバー側が主に処理を行うプラットフォームのことであり、クライアントパソコンにかかる負荷が低減されます。したがって、通信と画面表示が可能な端末であれば対応可能となります。パソコン、タブレットなどを選択することができる上、利用端末を限定しません。ロースペックのパソコンを利用することができますので、コスト削減を実現できるメリットがあります。